美味しいマグロ~鮮魚料理 伊勢屋

伊勢屋

女子会を始めた頃だから・・・・結構前だね
あかさんに教えてもらって行って以来です
久しぶりです

記憶は
美味しいマグロ
美味しいお米

お刺身定食

お刺身一切れが大きい(笑)
旦那は天丼を頼んでいたので
お刺身は一通り食べてもらう

うん!やっぱりマグロ美味しいですっ

お米は普通に美味しかったけど
あの時の感動はその年の新米のいい時期に行ったのかしら

旦那は逆に丼にするにはお米が柔らかいなぁと呟いてました

「これから寒くなるのでしばらくはお刺身定食を頼まないかもねー」
と言ったらすかさず

「ラーメンかトンカツがいいなぁ」って

ハイカロリー生活は危険だよ


 【鮮魚料理 伊勢屋】

TEL・0467-86-2075
住所・茅ヶ崎市浜之郷686-8
営業時間・ 11:30〜14:30  17:30〜21:00
定休日・月曜日
駐車場・有(近隣駐車場4台)
スポンサーサイト

嬉しい再会~中国家庭料理 泉屋

イズミヤ

実家から一番近くのご飯屋さん

ずーっと行きたかったんだけど
先日駐車場があることが判明
母と行ってきた

元酒屋さんだったここ
どうやら息子さんがシェフとなり
中華料理屋さんにしたらしい

ってことは

「おばちゃんお久しぶりです」
よくお使いに行かされていた自分
おばちゃんは一目でわかってくれた

しばらく大騒ぎ

油淋鶏

母は中華丼
私はランチの油淋鶏の定食

これがあの男の子が作ったのねー
感慨深いわぁ

今後はいっぱい行けるといいなっ


 【中国家庭料理 泉屋】

TEL・045-575-1238
住所・横浜市鶴見区北寺尾7-20-7
営業時間・11:30~14:00 17:00~21:00
定休日・火曜日
駐車場・有(1台)

生産量は愛媛より上らしい

はこみかん

パーコの婿さんのご実家から届いたみかん

和歌山みかんだぁ

みかんアップ

皮が柔らかくて水分が多くて甘いので
傷むのが早いと聞いていたが

本当に早い

でも食べきるのも早そうだ
オイシイ♪

思えば6月の一週目ぶり

看板

平日実家に行かないって4か月ぶり
掃除とか掃除とか掃除とかやることいっぱいあるけど

おいといて

すっとんでいった←いや車でね

大好きなパン屋さん

バケットはやっぱりラスト1本だったよ
あぶねー

紙袋

あまり色んなお店のを食べたことないくせに言わせてもらうと
ここのバケットが一番好き!

比べるほど他のを食べていないけど・・・

バケット

いつもは少し残って固くなってしまいがちなのに
ここのは笑える勢いでなくなる
あ、私一人で食べてるわけじゃないのよ
旦那もディーもお気に入り

菓子パン

この日の自分ランチにって買ったパン
右のレーズンクリームのパン生地がまた美味しくてね
あと3個買えば良かったって・・・いや買わなくてヨカッタのかも


 【前田パン】

TEL・045-482-9420
住所・横浜市青葉区黒須田33-5 タウンコートあざみ野 1F
営業時間・9:00~18:00
定休日・日曜日
駐車場・無

秋の香り♪

紙袋

ご近所のルミちゃんから
(いつも鹿肉やらキノコやらくださる)

「今年もきたよ~」

こんなキレイな状態がたっくさん

割る

ネットで調べたらしく
急に旦那がやり始める

こうなったら口出ししないで放置

ちょっとづづ

封筒に入れてレンジでチンして・・・・

薄皮剥くのに苦戦して
その後は先に水に浸して薄皮剥いてみたり

結構大変

「今日はこれくらいで勘弁してやる」

って・・・・

面倒くさいモードになったな

まだ1/10もやってないぞーーーー!!

やっぱり父はすごかった

16日早朝に父が亡くなりました

12年前に肝硬変となり
その後の脳内出血
兄が父に優しく接することとなるきっかけだった
若い頃は包丁騒ぎをおこしたこともある仲の悪い親子

そんな兄は晩年父の笑顔が見たくて色々としていた
病院が嫌いな父のことを思い
最期を家で看取ると言ってた

限界は母にきた

介護鬱がひどく
その母のフォローもしながらの父の世話
私もギブアップ

兄が介護休暇を一週間とってくれた間に父の状態が悪くなる
兄も納得して父を緩和ケア病棟へ入院
翌日の夜に院長と面接
「今月いっぱいもたないと思われます」と言われる

覚悟はできていた

翌朝兄からの電話
誰も間に合わず父は一人で逝ってしまった

病院嫌いな父は二泊三日で家へ帰ってきた

🌺🌺🌺🌺

家族葬で父を送る
とてもいい時間だった
見渡すとみんな知ってる顔
誰とでも父のことを話せる

大きくて丈夫な父の骨はみんなを「やっぱりね~」と笑わせ
「珍しいです」と言われまくった

終始父の大きさを感じながら
そこにただ父の声がしないだけみたいな時間をすごした



父はどこへいったんだろう

って思うとやっぱり今でも涙が出てくる

でも優しい気持ちに包まれながらの涙

お父さんまたね

父の今

昨日10月14日
父を病院へ入れました

父が入院しました ではなくて

母も介護が必要な人なので

ストレッチャーにのせる時に触れた父の手は少し冷たかったけど
病院に着き看護婦さんにお世話してもらったら
「ありがとう」と父

最近言葉がでなくなったのに

何より病院が大嫌いなのに
「ありがとう」って

まだまだいっぱい話をしよう

玉子と豆って形が似てる

ふくろ

「箱根に遊びに行ってきたから」ってリーダーからのお土産

懐かしいーー

黒玉子

1個食べると7年寿命が延びるって

大涌谷には平安時代弘法大師によって作られたといわれている延命・子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵様があります
このお地蔵様にあやかり「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになりました。(かつてはこのお地蔵様の近くに黒たまごの温泉池がありました。)「7年寿命が延びる」は7という数字が七福神など縁起の良い数字として使われるため、いつの間にか言われ始めたものです。

大涌谷黒玉子より

7年寿命が延びるってことは知っていたけど
そのいわれは初めて知ったわ


甘納豆

同じ日にいただいた義姉さんからのお土産
京都の甘納豆
ラインだけで連絡は済むのに電話にて話すと

義姉さん「声が元気でよかった」

???
そんな私元気じゃない噂でもあるんですか?

ちょっと時間がないだけです
体重も増えました(関係ないわ)

電話で話をすること
会って話をすること

いいなぁ

って人恋しいのかしら私

ここははずれませんね~しらすや

しらすや

片瀬漁港の直売所で魚を買ってこちらでお刺身定食を食べる
って旦那のリクエスト
思いのほか直売所で魚を切ってもらう列に時間がかかり
しらすやさんの開店時間ちょっと前に着いたけど
またまた一巡目ギリギリ入れず(笑)
ま、最近では美味しいもののためには待つことも納得してくれているようなので
ゆるっと30分くらい待つ

刺身定食

いつも生シラスにこだわっていたけど
ここは絶対にお刺身も美味しいだろうとお刺身定食チョイス
カマス、〆サバ、ヒラメ、黒ダイ、生シラス、釜揚げシラス

はい全部美味しいーーーーー

かます

アップの写真が撮れていなかったので切り抜いてみた

カマスのお刺身がこんなに美味しいって感動

ナマシラス

生シラスも一匹づつ持ってもピンと立つんじゃないかってくらいしっかり
あぁぁぁぁぁぁっぁぁ美味しいっ

旬のいい時期にとれたてを食べるのが一番贅沢なご馳走
お野菜でもそうだよね

「二か月に一回くらいのペースで旬の魚を楽しみに来れるといいね」と
ほんまかいな!の会話をして

でも本当は私のリフレッシュに連れ出してくれた旦那
ありがとう&美味しかったぁ



 【しらすや 腰越漁港前店】

TEL・0467-33-0363
住所・鎌倉市腰越2-10-13
営業時間・11:00~22:00
定休日・木曜日
駐車場・有

青魚大好きです♪

直売所

連休中に「美味しい魚が食べたい!そして買いたい!」
と言い出した旦那

すこし前に立ち寄ったら何もなかった江の島片瀬の直売所
どうもリベンジしたいらしい

いやぁ
今回はヨカッタ

いわし

大好きなイワシと鰺
ちょっと小ぶりが干物にするのにいいもんでね
他にも鯖とマグロのカマを購入

で、写真は色々撮ってませんが
マグロのカマは刺身とネギトロもできたし
イワシも鰺もお刺身で絶品

翌日は

干物

あまりに美味しくて
「鰺はもっとたくさん買えば良かった~」のお叫び

旬と新鮮
そりゃぁ美味しいよね

久しぶりの工場直売

看板

昼からちょっと買い物に松原商店街へ

このところの天気のせいか
野菜も魚も来客もいまいちですね

それでも色々買い込んだ帰り道に

「ちょっとそこ左にはいって!!!!」といきなり寄ってもらった


手作りのベーコンなど作る時間がとれなくて
旦那とディーが勝手に食べる時ように

で、中に入ったら旦那のテンションがあがりまして・・・

買ったベーコンなど

なんかいっぱいカゴに入れられたわ

「冷凍しておけばいいもんね~」と嬉しそうに

帰宅したらちょうどディーがいて
この買ったものを見せたら

「おぉーーーーっ♪いいじゃん!」と

二人とも
野菜も食べようねっ!

漬物生活

みょうが

庭で採れた茗荷を酢漬けにした♪

酢漬け

半分は実家へ持って行った
お昼ご飯の時に食べようかと

トマトとチリメン山椒

叔父からもらったたくさんのトマトを煮詰めながら
ちりめん山椒も久しぶりに煮た

どうせ煮るならいっぺんにやってしまおうと

ぬか漬け

この夏から始めたぬか漬け
今までは冷蔵庫で少しだけ作っていたけど
今回は糠を6キロ

一生モノになるといいなぁ

食卓

だいぶ良い感じになってきたのよ

こうなると
嬉しい食卓だけど
塩分取り過ぎにきをつけないとね

看護婦さんが驚いた

付きっ切りの時間が長くなり母と私がさすがに疲れて
兄が今週仕事を休んでくれた

二日もしたところで
こんなものを取り付けた

モニター

パソコンとパッドを繋いでSkypeを使用して
父の監視画像
音量もマックスにすると相当小さい音でも拾える

こんなことできるならもっと早くしてくれたら
樂だったのにーーーー

訪問看護婦さんが「これスゴイ!写真に撮っていいですか」って

これで救われる人が他にもいたらいいね

茗荷を食べすぎると・・・

みょうが

週7日ペースで実家通い
雨続きの9月

 カビ対策は実家と我が家と両方だ

帰宅が夜になることが続き
気づいたら植え付けた年はできないって言われていた
茗荷が!!!!!

19個も出てた

秋茗荷は漬物に良いらしい

後で酢漬けにしてみよう

なんかすっごく嬉しいなぁ

あ、でね

お釈迦様の弟子である周利槃特(しゅりはんどく)は、物忘れをする名人で、自分の名前も覚えられない人であった。その槃特が亡くなり、墓から生えたのが茗荷であったから、茗荷を食べると物忘れをすると言う俗説が生まれた

こちらから

だそうです(*^^)v
プロフィール

わかち☆★

Author:わかち☆★
気づいたら半世紀生きた
一世紀経っても変わらない気がする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR