あんげんろうではなくてあんはじめろう~安源楼

20170713_131151_711.jpg

兄と母とのランチ
兄に連れられて向かったのは15号線沿いの中華
兄が「お母さん中華好きでしょ?」と

いや、たぶんお寿司もお蕎麦もなんでも食べるよ
ただコンビニ弁当ではタンメン買ってたけど・・・
父の介護で食事もままならなかった頃にね

IMG_20170714_044124.jpg

安いっ!!

で、店内お客さんでいっぱい
作業着の方が多いね

見渡すと定食のご飯も大盛りだ(笑)

で、何にしよっかなぁーと選んだのが

20170713_125120_195.jpg

サンマー麵
大人になってから好きになった

こちらは中国の方が調理しているのかな
ちょっと懐かしの味とは違ったけど
美味しかったよ

でもいくら食べても麺が減らない

お残しできないし
少し食べてくれる旦那もいない

・・・

完食

午後は動けなくなった・・・

ちなみにサンマー麵の語源
サンマーメンは漢字で「生馬麺」と書きます。「生=サン 馬=マー」は広東語の読み方で、調理法もやや甘めの広東料理に属しています。 生馬麺の意味は。生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」と言う意味。 馬(マー)は「上に載せる」と言う意味があります。つまり新鮮な野菜や肉をサッと 炒めてしゃきしゃき感の有る具を麺の上に載せることから名付けられたと伝われているのです。

昭和5年(午年)に、聘珍樓の当時の料理長が考案した麺料理で、それを裏付けるように昭和初期の聘珍樓の御品書には既に「生碼麺」の掲載がある

〈Wikipediaとかながわサンマー麵の会さんから引用〉

って・・・
かながわサンマー麵の会なんてあるのね(笑)

 【安源楼】

電話・045-441-8729
住所・横浜市神奈川区新町5-5 ウイナス新町1F
営業時間・11:00~22:00
定休日・無休
駐車場・無
スポンサーサイト

透明のお出汁~なか卯

なかう

外観撮るきっかけ失った

で、ここで初めて知る
なか卯のウリは親子丼なのね

人生2度目のなか卯
私の記憶ではなか卯は良かったんだけど
旦那はそうでもなかったらしく
来ることがなかったのよね

かき揚げ

旦那はかき揚げうどん390円

すうどん

私ははいからうどん280円

お出汁が美味しいね
だから良い記憶だったのかなぁ。随分と前のことだけど

私にはちょっと濃いけど旦那はビンゴ
と甘くないし
旦那の評価もあがったようだ

ちょっと急いでいる時と
ガッツリは無理な時はいいね

***

ここにきて旦那との味の好みが似てきた気がする
料理をするのは私だけど
野菜も食べてくれる旦那のおかげと
父が畑の野菜を運んでくれてたから
作らざるを得なかった(笑)
そんなおかげで今がある

味付けの濃さだけは歩み寄れない
先日母と兄からも私の好みは薄いと言われた
そんなこと言われてもーーー
母と兄は身体のことを考えると薄くしてほしいんだけどね
下手なこと言うと「夕飯作って」と言われるので
今は黙っておく
まだたまにしか作らない実家の夕飯
きっと作り始めたら当たり前のこととなるだろう
もう少し母に頑張ってもらわないと
今の母の最大の悩みが兄の夕飯作りだそうだ

ガンバレ!

新盆に~日本料理 鶴寿

新盆
たくさんの人に親切に教えていただいた

でも結構皆さん色々で・・・

困ったおかげで逆に自分で調べたので
ためになりました

のれん

お墓参りに行って自宅に戻り
住職さんを待つ間に
連絡もなくいきなり叔父夫婦が来た

新盆をすることを伝えた時には
「A樹が入院したからいけない」と言っていたのに

・・・

予約しておいたお店に二人増やせるかと聞くと
「コース料理なので無理です」と
兄は強引に
「なんでもいいから出してください」と頼み
コースは叔父夫婦に食べてもらい
用意できないものを兄と私が食べることになる

はーい
オッケーです

入口

改めてお店は・・・
昨年の9月に開店した
まだ食べログにも出てない日本料理店

西洋料理のお店があったところに居抜きですね

通りすがりの人が覗き込んでました

お品書き

はじめ何かと思った
これがお品書き・・・

店主は機会メーカーで設計のお仕事をしていた後に
25歳で料理の世界に飛び込んだ30代半ばのお若い方

トウモロコシとうに

トウモロコシのムースのようなものに
ウニがのってる

トウモロコシが濃厚でウニの味が分からないよ
美味しいけどね

ふっこ

鱧かとおもったけど
ふっこと記されていたので
スズキの小さいやつですね

上の小メロンが気になったが味はなかった
お出汁は美味しい

アオリイカ

コースでは鰺が提供されていた
兄と私にはアオリイカ

パプリカのソースはしっかりめ
この盛り付けは私的にはNGでした

鰺は脂がのっていて醤油と山葵で食べたいと
横で旦那がぼやいてた

いさき

炙ってウロコまで食べられると説明してくれたイサキ
私のにはウロコ無し
どうせならばマッシュルームもちゃんと表に返して添えて欲しいかな

マッシュポテトはすごく美味しいけど
このお皿も盛り合わせた組み合わせの味が理解できなかった
それぞれは美味しのに

仁多米とトマト味噌汁

トマトの味噌汁と
茗荷とシラスのご飯

お米は仁多米だと言われた

以前2キロだけ買って食べたことあるブランド米

それを土鍋で炊いたものが出されたが
かための上に茗荷とシラスの味がしっかりとしていて・・・

ここでようやく気付く

ここの店主は美味しくて濃厚なものに
美味しいくて濃厚なものを合わせているんだと

もったいないな

仁多米ならば白いまま
ふっくら目に炊いてくれた方が良かったよ

マンゴー

皆にはマンゴーの入った大福
兄と私はスイカ&マンゴー

皆の反応でスイカ&マンゴーでヨカッタと思った

珈琲

野草茶と珈琲を選ぶにあたり
5人は野草茶
母と私はどこでも、あくまでも珈琲

珈琲は松浦珈琲とあったけど
すごく美味しかった

カフェ風

カフェ風の店内だし
料理から若者向けって感じですね

兄は「美味しかったな」と言ってたのでヨカッタけど
この内容で2時間かけて出されるのは私はNG

お料理も接客も今後を大いに期待です
この地には珍しいお店なので人気店になってほしいので
応援してます



・・・

暑い中離れたコインパーキングまで叔父の代わりに車を取りに行きました
たっぷりかかった昼食時間は
駐車料金2400円
私が払ったよ

自分の家の車は違う駐車場に入れて旦那が1200円払った・・・

・・・

父のためだから気持ちよく過ごそうと思ったが
きっと私の顔はゆがんでいただろう
お父さんゴメン

 【日本料理 鶴寿】

住所・横浜市鶴見区豊岡町11-16
電話・045(574)0260
営業時間・12:00~14:00(土日のみ 要予約)
17:00~22:00
定休日・月曜日、祝日
駐車場・無

健康診断の帰りランチ~魚屋路

魚屋路

体重測定 健康診断の後のランチに
久しぶりの魚屋路さん
病院から近くでお米が食べたかった旦那リクエストで

ランチ

640円のランチ握りは安いっ

でも失敗したなぁ
光り物好きとしては
光り物3貫のお皿と何かもう一皿を食べるべきだったよ
食い意地がはっていて安さにつられたが・・・

この後いわしと鰺を頼んで旦那とシェアしてしまった
食べ過ぎ!

健康診断の結果が出たらきっとそろそろ食事制限を告げられるかもしれない

なので出るまではいっか
というより今のうちに食べておくか(笑)

***

今年は婦人科診がものすごく混んでる
予約は三か月先になるそうだ
とりあえず今年は今月中に済ませることが出来るが
来年からはもっと早く予約しないと

これも有名人の方々の影響なんだろう

ちゃんと世の中では反映しているね

うん
大事だよ

ただ疑問に思うのはこの年齢になると
マンモグラフィーと超音波検査の両方を受けるべきなのに
横浜市の検診はマンモグラフィーと触診のみ
私は個人で診察を毎年受けているので両方やっている
なので市のチケットは使ってない

これ
どうなんだろうと毎度思う・・・

マンモグラフィーと触診を受けていたのに
乳癌になった人を知っていると
やはり超音波検査を受けないわけにはいかない

ここはケチっちゃいかんね
はい!安心して過ごせるように受け続けます


 【魚屋路 横浜十日市場店】

電話・045-989-1310
住所・横浜市緑区十日市場町866-1
営業時間・11:00~23:00
定休日・無休
駐車場・有

お魚屋さんが経営している~かね吉

外観

アンコロの所へ行き
ランチのお店を任せておいたら・・・

こっそり検索していた私の候補店と同じだった(笑)

結婚式でもアンコロが言ってた
「好みの似ている母娘」と

メニュー

安っ!!!


アンコロは煮魚が好きなのよね
カレイの煮付け頼んでた
ここのお店は本日の煮魚の他に
必ず(?)金目の煮つけもあるみたい

婿さんのYさんはカツオのたたき定食


刺身定食

私と旦那は刺身定食A

お刺身は一切れが厚い
食べ応えあります

トマトのサラダが嬉しかったわ

カウンターに数種類のお惣菜があって
一皿100円で注文できる
大根とゲソの煮つけと
ゴーヤ炒めを頼んだ

こういうのもいいわ

かねきち

後からお客さんがいっぱい来て
昼から飲んでる人も♪

「お魚が食べたいときにはまた行こう」とアンコロ
おいおい自分でも料理がんばれ

 【おさかな処 かね吉】

電話・03-5751-2066
住所・東京都品川区二葉3-28-3
営業時間・11:00~14:00 17:00~21:30
定休日・毎週木曜、第4水曜
駐車場・無
プロフィール

わかち☆★

Author:わかち☆★
気づいたら半世紀生きた
一世紀経っても変わらない気がする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR