やっぱり自由な次女

ミニオンズ

パーコ夫婦は釣った魚とアイスケーキを持って来てくれた

旦那はアイス大好き㊚

ろうそく

ご丁寧にロウソク8本つけて
58歳の誕生日よっ

このアイスケーキってミント味

旦那はミント味を好んで食べない

パーコはチョコミントが大好き

祝ってもらっているのは旦那だが
この晩
一番幸せそうだったのはパーコではないだろうか・・・
スポンサーサイト

自由な次女

イサキたち

イサキがいっぱいと

グルクン

グルクンが釣れたよー

とパーコ夫婦からラインがきた

旦那の誕生日プレゼントに持って来てくれるとのこと

から揚げ

グルクンはから揚げに

塩焼き

一番人気の塩焼き

アクアパッツァ

試してみたかったアクアパッツァ

そして写真はないが
メインの刺身たち

先月も穴子やら
フグとか
釣れる度に持って来てくれるのだが・・・・

それを調理するのが旦那(刺身担当)と私
釣るのは婿さん一人の時もあり、パーコと二人の時もあり
さらに禁酒中の婿さんなので
我が家(パーコからすれば実家)で
出されたものを食べて
勝手に冷蔵庫からビールを出して飲んで
運転は婿さんがしてくれるという

無印良品の落ちワタふきんの吸水性がすごく良かったので
2枚お試しにあげると言ったら
パーコ「○○(婿さん)が皿洗い担当だから彼にあげて」
だと

わが娘ながら・・・すごい

母の日♪

ゼリー

アンコロからの母の日プレゼント

バラ

中がバラになってるの
キレイなゼリー

マンゴー×オレンジ
ブラッドオレンジ×チェリー
白桃×グリーンピーチ

オシャレねぇ

ケーキ

パーコさんからのケーキ

当日は婿さんがフグを釣ってきてくれて
美味しく賑やかな夕飯の食後のデザートにいただいた

楽しいと食べすぎちゃうよー

ぼのぼの

ディーはミスタードーナツとこれ

変わらずぼのぼのグッズをくれるディー
でもこれがウレシイのよっ

20センチくらいのミラーらしい

中を開けてみたら

あめ

いつの間にか旦那が飴を入れてた

・・・

かまってほしいのか

***

「何もしなくていいよ」とこどもたちには言ってあるけど
それを理由に会いに来てくれるのはやっぱりウレシイね
夕飯を作るのは私だけど(笑)

インフルエンザになっちゃいました

インフルエンザで引きこもり中です
昨日までの記事は日曜日にまとめて予約アップしていたものでした

12日の夜になんとなく風邪っぽい
13日の昼頃に熱が上がり午後に病院へ行くと
「あたりーーーー」(昔からお世話になっている先生)
「インフルエンザBだね」(なんか嬉しそうに)

あぁ久しぶり
ま、小さい子どもがいるわけでもないから寝てようと
思うじゃない



一日ずれて旦那が発病
ほぼ熱も同じくらいだけど
一向に病院へ行く気配がない
自力で治すらしい

ヤツいわく
「タミフルよりも玉子酒とか生姜スープだな」

こちらも病人なのでお世話はできないが
病院帰りにスポーツドリンクやゼリー、菓子パンを
大量に買い込んで
家事は誰もやってくれないので放置

「洗い物は後でやるからね」とディーは言ったが
一向に部屋から降ありてこないので
こちらがギブアップして洗う

我が家の男どもは・・・

さらに
昨日の夕方に体温計が壊れる

買いに行きゃぁいいんでしょ

これだから主婦は病気になっていられないのよね
あ、母からも意味の分からない電話があり
そっちも気になるので早く実家も行かなくちゃ

侮ることなかれインフルエンザ
来シーズンは予防接種しようっと

ちなみに旦那はタミフルを飲んでいないのに
ほぼ同じペースで回復に向かってる

義母93歳の誕生日

玉ねぎ

旦那のお母さんの誕生日
93歳を祝うので
みんなでランチ
料理担当となったのだが
柔らかいメニューを考えて
高齢者レシピのあるあるは避けて・・・

前の日から仕込んだ
まずは小玉ねぎのコンソメスープ

ラタトゥイユなど

ラタトゥイユ、カボチャサラダ、つくね
チーズケーキ

ドリア

ドリア、豆腐サラダ

優しめの味付けで義姉3人も義母も喜んで食べてくれてヨカッタ

笑いながら大勢で食べるのは楽しい
姉が「個食=孤食は餌になってしまう」と言ったのが印象的だった

そうだなぁ
きっと私一人だとお腹を満たせばいいになるだろう
誰かのために!だから作るのってあるなぁ

チーズケーキ

6人だったので二キレ残ったチーズケーキを
長女と次女の姉たちがそれぞれの旦那様に
「お父さんに食べさせたいからもらっていい?」と
持って帰ってくれたのだが
その言葉が嬉しくて・・・

旦那の実家の家族はみんな優しい
義母の介護も大変だろうが全力で向き合ってるのを感じる
私は自分の実家のことがあるので免除してもらっていて・・・感謝です

義姉が旦那に
「わかちさんに〇〇(私の旧姓)に戻りたいって言われないようにね」と
言ってましたが
「それはまったくあり得ません!」と宣言してきた

たぶんね(笑)
プロフィール

わかち☆★

Author:わかち☆★
気づいたら半世紀生きた
一世紀経っても変わらない気がする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR