美味しい春を満喫中

わらび

ご近所のルミちゃんからいただいたワラビ
でも山菜採りに行ったのはパパさんだけど

いつもいつもありがとう
ただね
これ1キロあったよ
乾いた状態で

あくぬき

ワラビがそんなに高価なものとは知らない旦那が
調べたあく抜き方法でやってみたら・・・苦いじゃん!!!!

でも何回も水を取り替えてなんとか大丈夫になったよ
方法が間違っていたのではなく
量が多すぎて上手くいかなかったみたいだと気づいたのはあとから

でも旦那には教えない
ざっくり物申すのは止めてもらおう

ごはん

ワラビの炊き込みご飯にしてみた

横の蕗はお隣さんからの頂き物

ご近所さんからの春の美味しいもので夕飯
幸せだなぁ

GWでもほとんど普段と変わらない生活中
この日は実家の掃除から帰宅して夕方に洗車
それから出汁をひいて蕗を煮た
今日はちょっと出かける・・・と言っても
旦那側のお墓参りからちょっと足を延ばしてみるくらい

ただね
薄着になって困ったのは
蓄えてしまった脂肪だよ
スポンサーサイト

かなりいいよっ!これ♪

出汁

最近はどうにも好みのものを頂くことが多い
パーコの婿さんのご実家から

成分表示

余計なモノは一切入っていない
開封したら冷凍庫へ
そう
保存料も入ってない

これが便利で美味しいっ

出汁は時間のある時に3リットルひいて冷凍しておくんだけど
お試しに自分でひいた出汁と食べ比べをしてみた
はい♪どちらも美味しい
調べてみたら伊勢志摩サミット開催記念で三重県産の原料だけで
出汁パックを作っていたり
熊野古道の名前のお出汁←これは紀州産の鰹節で海山という道の駅でしか買えないらしい
田舎味だしパックとやらは楽天やAmazonで買えるみたいだけど・・・

ってモノをもらったのね

我が家は今まで通りで変わりはないけど
人様に差し上げるにはちょっといいなぁと思うぞ

とても贅沢な乾物

高野豆腐

あかさんからの頂き物
っていうか
いきなりリーダーの家の室外機に置いてきたらしい(笑)
半分をA子さんの所へ持って行くと
その場でかじるA子さん
無理だろう・・・ナニヤッテンダ

もどす

さっそく美味しくいただこう
もどす間にお出汁をひいて
干し椎茸もレンチンでもどして

煮物

コンニャクをくわえて煮物に
笑ってしまうほど安心の美味しさ

うーん
豆を入れてもいいし
ゼンマイも好きだな

よーく考えてみたら
鰹節、昆布、干し椎茸、大豆、高野豆腐・・・
好きなものは乾物が多いわ
日本の食の豊かな知恵ですね
干して旨みがうまれるって

しかし
この凍み豆腐は作ることを考えると
ありがたくてありがたくて
大事に美味しくいただきます

誕生日プレゼント📦

お誕生日会を開いたマクガフィンさん
そのシェフが昔の会社の上司の息子さん
昨年に何十年ぶりかにマクガフィンさんで集まった
そんな縁から今回はここを予約することになったんだけど

一方でその父(元上司)とはFacebookで繋がっていて
私の投稿に「野菜が好きなら漬物で食べれば?」
「息子が酢漬け上手だからレシピを聞いてあげる」と言っていたんだ

だもんで

ピクルス

当日はピクルスをいただいたわよ
レシピもね

自分で作るより倍以上のスパイス等が入ってる
さすがだぁ
野菜も10種類以上
さすがだぁ

大事に食べます


プレゼント

子どもたちからはエプロンとスカーフをもらった

「欲しいものある」と聞かれてはいたけど
結婚式前にお金を使わせたくないし
強く欲しいものもないし
「エプロン一枚欲しい」とだけ伝えておいたら
スカーフつけてくれた
自分じゃ選ばないピンクだぁ

小さい花柄の黄色地に
スモーキーブルーの紐
さすがアンコロ
私の好みにビンゴです

高価なジュエリーとかもらうよりも
私にはこのビンゴなエプロンの方がよっぽど嬉しい
早く割烹着からエプロンになる季節にならないかなぁ

旦那は金柑が好きです

金柑

工場直売に行く前にもらったんだけどね

旦那は無類の金柑好き
今年も何回買ってるんだろう
世間には『たまたま』も出回ってきたので
こたつには必ず金柑が乗ってるわよ

リーダーに
「金柑を頼んだから少しあげるね」と言われ
旦那が「少しじゃいやだ!」と言ったもんだから
箱で持って来てくれた(驚)

あ、旦那とリーダーは中学時代の同級生です

ひとふくろ

たっぷりが二袋
高いだろーーーーーーー

すまんリーダー

ってことで取りあえずビスケットをお返しに持って行ったが・・・
取りあえずね(額が違うわ)

満面の笑顔であっという間に一袋の半分が一晩で食べてたよ
ま、夏になると
「Kちゃん(リーダー)にスイカ買って行こう」と
必ず三浦スイカを買う旦那

なんかこんな同級生もいいもんだね
プロフィール

わかち☆★

Author:わかち☆★
気づいたら半世紀生きた
一世紀経っても変わらない気がする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR