母の元気の素

萩の月

仙台を楽しんだ母が2日に帰ってきた
3日は母の誕生日
なのでいつものお掃除+プレゼント(月餅)を持って行くことにしていたら
アンコロも「ばぁばに会いに行く」とラインがきた

母は姉たちと楽しい時間を過ごせたようで
すこぶる元気

そんな母からのお土産ね

萩の月の5個入りって前は無かったよね
値段も上がったと母は言うが
真実は分からん

ささかま

定番だけど笹カマ
これおつまみにもおやつにも好きっ
昔からよく食べてたからだろうなぁ

かき

小粒だけど濃厚な三陸の牡蠣
父が復興牡蠣のオーナーになったことを思い出す

生もいいけど

やく

焼くとめっちゃ美味しいっ

片栗粉まぶして
ニンニクと塩コショウ
ちょっと鷹の爪入れて

オイル漬けよりたくさん食べちゃうよ

にんにく

むこうで母たちの世話をしてくれたいとこのようちゃんが
私にって道の駅で買ってくれたらしい大きいニンニク
ピンポン玉くらいあるのよっ
何が嬉しいかよくご存知で♪

***
思えば上京して親も姉妹もいない土地で
色んなことがあったのだろう
母の田舎への思いは深いようだ

行く前は「無理かも」って言い続けていたけど
楽しい時間が元気をくれたようで
本当に良かった

あ、でもね
帰りに持たされた実家の冷蔵庫にあったトマト2個
両方とも傷んでたよ
スポンサーサイト

結局は好きです♪

今日も

そして翌日もまたトマト一個とキュウリ一本収穫

小さい中玉と
傷だらけの小さい一本

何もつけないで食べるのが好き
塩さえも

最近はさらにガッツリ系を好まなくなってきて

バターサンド

マルセイバターサンドをお土産で頂いて
旦那と
バター強いね
こんなに重かったっけ
かをりの方が軽い?
小川軒のはラムが強いけどバターはここまでではないよね

などと色々言いながら

・・・

10個入りは
半分になっていた

秋の美味しい晩御飯

もらった栗

「栗いる?」とラインがきたが・・・

まさかの量

虫食いもおおいらしく
小ぶりなので誰かにお裾分けするにもそのままより
何か作ってからのほうがいいかも

終わらない

重さを量ることもこともやめた
一晩つけて鬼皮をむくが
指三本切ってギブ

旦那、あとはヨロシク

まずは

まずは栗ご飯を土鍋でね

もう炊いている間ワクワク

栗ご飯で

おかずはサンマの塩焼きで

ザ・秋の食卓!

しかも

サンマ

サンマも頂き物です

やばいなー
そろそろ体重を落としにかかったのに・・・

マツタケ週間

大きい一本

三浦で美味しい晩御飯を食べている時に
旦那からラインがきた

この写真だけ

「あ、秋がきたんだ」と察する

本当はご近所さんが来たんだけど

で、これ20センチ越えのビッグサイズ
(買ったらイクラスルンダロウーーー)

二回目

さらに三日後にまたもらう

贅沢だよね
国産の大きい松茸

なのにそこのお宅の娘さんたちは喜ばないという

飽きたって・・・・

えぇそれならば堂々といただきますよっ
喜んでっっっ

ホイル焼き

素焼きより美味しいホイル焼き
これ絶対だ

下に見えるのはスダチが無かったので
まだ残っていた和歌山のじゃばら

結局はホイル焼きには少量の塩がベスト
スダチもいらない(もちろんじゃばらも)

天ぷらに

今回は2本を実家へお裾分け
いつも兄にはご馳走になるので

これだけは兄も絶賛してくれる
(いただきものをまわしているだけだが)

で、小さいのは天ぷらに

しめじとエノキの天ぷらも初めてのトライ

天ぷら

これも美味しいっ

残ったのは冷凍庫へ

二日後のうどんを作ったときに食べて
またまたそこで感動ーーーーー

焼きおにぎり

最初のビッグサイズは
三浦から帰る日に旦那がホイル焼きと
松茸ご飯を仕込んでいてくれた

で、貧乏性なので3合でご飯を炊くものだから残っていたのを
おにぎりにして冷凍しておいたものを
焼きおにぎりに

これも大正解

残っていたおにぎり(焼く前)は
すき焼きの残りの汁を水でのばしたのに
入れて温めて食べたら
すっごく美味しかったと旦那談

という
人さまには言えない贅沢な
1週間でございました

松茸
美味しゅうございました

めっちゃ好きな和歌山の柿の葉寿司

表が気

パーコ&婿さんから和歌山のお土産

行く前に我が家にきて
夕飯を食べて
帰ってから我が家にきて
夕飯を食べて・・・

そんな自由な二人だけど
行く前に「何かお土産リクエストある?」と聞かれたので
昨年とても美味しかった柿の葉寿司をリクエスト

そしたら本当に買ってきてくれた

裏書

見えるかなぁ
鯖 鮭となってるけど
全部鯖にしてもらったらしい

さば

名店街で有名な柿の葉寿司を買って食べたけど
全然ちがくて・・・
ってそんな話をお店の方に伝えてくれたらしく
喜んでオール鯖を詰めてくれたとのこと

この向こうは私が作った夕飯のパスタなどが並んでいるのだが
ワイン片手に柿の葉寿司

あぁ無くなったらまた禁断症状が出ちゃうよ
日持ちしないので熊野方面に行ったら絶対に食べるべし
柿乃肴さんの柿の葉寿司ね
プロフィール

わかち☆★

Author:わかち☆★
気づいたら半世紀生きた
一世紀経っても変わらない気がする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR